【最新刊】終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 6巻

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅

6冊

漫画:浅見よう 原作:鏡貴也

453円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語――。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であった――運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!! 学校にいる仲間たちを救うために、グレンは危険を承知で禁忌である《鬼呪》の刀を振るい、従者の小百合と時雨を救った。しかし、刀に宿るを抑えることができず暴走してしまう。一方、同じくグレンに命を助けられた五士は、おびただしい血に染まる廊下を走っていた。今度はグレンを救うために――。

続きを読む
ページ数
157ページ
提供開始日
2019/09/04
連載誌/レーベル
月刊少年マガジン
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • 終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 全 6 巻

    2,718円(税込)
    27pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/09/18Posted by ブクログ

    力の差がありまくる絶望感…。
    そういう展開が多いこの作品。
    ただそのせいで、主要キャラのはずなのに、まともに戦えず、精神的安定剤にしかなれないキャラも多数いる感じなのが残念だと私は思う。
    精神的安定剤...

    続きを読む
  • 2019/08/25Posted by ブクログ

    ほんとみんな痛がらないな。
    でも、小説より漫画の方が色んなことが見えてくる気がする。
    いや、小説の知識の元で読んでるからなのかもしれないですが。
    拷問や自白剤は効かないけど、麻酔は効くんだな…。

  • 2019/08/04Posted by ブクログ

    冒頭のエピソードはコミック版オリジナルかな。
    しかし、このエピソードも小説版でその後のことを知っていると複雑な思いになりますね。
    彼らは何歳なのだろう、と。
    小説がコミックになった時には、もちろんすべ...

    続きを読む
開く

セーフモード