【最新刊】マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門

著者:ボード・シェーファー 監修:村上世彰 訳:田中順子

1,425円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◎世界23か国で刊行、累計400万部突破! ◎これが、数々の不況を乗りこえ、子どもから大人まで世界で読まれ続ける「お金」の入門書。・小説形式だから、おどろくほど分かりやすくておもしろい! ・先ゆき不透明な人生100年時代、「お金のリテラシー」は生きのびるための必須教養! ・「お金の意義」「働くことの意味」「人は何にお金を払うのか」「投資と資産形成の基本」「信用の大切さと築きかた」…… いつの時代も変わらない「お金と人生の大原則」を、大人もこれ1冊で一気に学び直せる! 「ねえキーラ、このままだと君は将来、両親みたいにお金に苦労する大人になってしまうよ」 少女キーラのもとにあらわれた、人間のことばをしゃべる不思議な犬、マネー。マネーはキーラに、お金と世の中、そして人生の「しくみ」をわかりやすく説いていきます。 子どもから大人まで全世界400万人以上の人々に愛され続ける、一度は読むべき不滅のロングセラー。◎何のためにお金をかせぐの?◎お金がほしいと願うのは悪いこと?◎夢をかなえるにはどうすればいい?◎「仕事」は不愉快でつらいもの?◎株ってなに? 資産形成ってなに?【本書の目次】 監修者まえがき1章:白いラブラドール犬、マネー2章:自分の目標を決める3章:誰かが喜んでお金を払ってくれるのはどんなとき?4章:好きなことを仕事にしよう5章:決めたことは72時間以内にやる6章:借金があるときはどうすればいい?7章:なんのために貯金するの?8章:努力していれば助けてくれる人がかならず現れる9章:自分のためにお金に働いてもらおう10章:お金を「汚い」と思っているうちはお金は貯まらない11章:「幸運」とは、準備と努力の結果のこと12章:お金は人間を映しだす「鏡」13章:お金があれば、困っている人を助けられる14章:株ってなに? 投資ってなに?15章:自分に自信を持つには?16章:投資信託ってなに? 17章:市場が暴落したらどうするの?18章:冒険の終わり大人の読者のみなさんへ――作者あとがき「お金の話はとても大切なのに、 学校では教えてくれないし、家族でも話しにくい。だから日本の子どもたちには、この本が必要だと思う」――村上世彰(投資家)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/27
    出版社
    飛鳥新社
    ジャンル
    ビジネス

    セーフモード