図解 言志四録──学べば吉

著:齋藤孝

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    『言志四録(げんししろく)』は、儒学者・佐藤一斎が40年あまりにわたって書き綴った語録で、指導者のバイブル。また、西郷隆盛や吉田松陰、坂本龍馬、佐久間象山らが心酔した書としても知られています。今回『言志四録』に着目したのは、非常に優れた「人生の指南書」であり、いまも長く読み継がれているにもかかわらず、その魅力があまり広く知られていないという点に尽きます。『論語』同様、座右の銘にしたくなる切れ味鋭い言葉に加え、仕事や人づきあい、リーダーの心得など、ビジネスパーソンの役に立つこの本の面白さを、わかりやすい図と共に解説します。第一章 結果を出すには働き方を変える──仕事力第二章 考えて動けるチームを作る──リーダー力第三章 学びを無駄にしない──学習力第四章 人とのちょうどいい距離感──人間関係力第五章 悔いのない生き方──人生力<著者プロフィール>齋藤孝(さいとう・たかし)明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。『まねる力』(朝日新書)、『語彙力こそが教養である』(角川新書)、『新しい学力』(岩波新書)等、著書多数。※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『図解 言志四録──学べば吉』(2017年10月31日 第1刷)に基づいて制作されました。※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/02/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/03/11Posted by ブクログ

      20180220
      言志四録深読み第二弾。図解シリーズはシンプルで平易、エッセンスをつかまえるのに便利。二度、三度と読み返すたびに腹落ちの度合いを増す。

      ー「事を慮るは周詳ならんことを欲し、事を処する...

      続きを読む

    セーフモード