【最新刊】女軍師濃姫 徳川信康殺人事件。

女軍師濃姫 徳川信康殺人事件。
1冊

潮美瑶/MBビジネス研究班

322円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)【書籍説明】徳川信康は徳川家康の長男である。母親は今川義元の姪の築山殿。織田信長が桶狭間の戦で今川義元を討ち取った後、家康は信長と同盟を結び、信長の天下統一に協力した。家康は実力をつけ、領土を拡大した。信康は家康から松平(徳川)一族の本拠地岡崎城を譲られて城主となり、岡崎三郎信康と呼ばれた。勇猛果敢な若武者として知られたが、天正七年(1579)九月十五日、父家康の命により切腹して果てた。享年二十一歳。築山殿は今川家を裏切った家康を許せず、家康の宿敵武田家に内通し、武田軍団の力で家康を倒そうとした。信康の正妻は織田信長の娘五徳である。五徳は築山殿の陰謀を知り、父の信長に手紙を書いて知らせた。信長は驚き、正室の濃姫に相談した。濃姫は美濃の蝮斎藤道三の娘で、軍師の才能がある。濃姫は自ら岡崎に出向いて真相を探った。女軍師濃姫は、真相に辿りつくことができたのか?なぜ信長は岡崎信康に切腹を命じたのか?なぜ家康は唯々諾々と信長の命令に従ったのか? 【目次】安土城の客織田・徳川同盟五徳の手紙暴虐の若殿鬼女の血筋黄昏の恋信長の来訪鬼の半蔵置き去り父の復讐信康切腹… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/05

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード