【最新刊】みんな土地で困っている

みんな土地で困っている

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    親が遺した田舎の土地をどうするかという悩みがある一方、行政は必要になった土地の持ち主探しに苦労する。土地が余る時代の処方箋とは。 本書は週刊エコノミスト2017年8月22日号で掲載された特集「みんな土地で困っている」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに要らない土地が“所有者不明”に 人口減少時代の「受け皿」を作れ【インタビュー】山野目章夫(早稲田大学大学院教授) 「登記義務化は、実効性がない」相続登記、共有、管理… 土地にまつわる我が家のQ&A相続放棄後のゆくえ空き家 所有者不明の空き家解体は税金 マンションの費用は億円単位も農地 優良地しか受け付けない農地バンク 厳格な運用が未登記を顕在化させる【執筆者】吉原祥子、三平聡史、黒崎亜弓【インタビュー】山野目章夫

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/19
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード