明治国家をつくった人びと

瀧井一博

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    福沢諭吉宛の世界的大学者からの手紙、幕末の使節団がみたアメリカのデモクラシー、初代帝大総長がヨーロッパで接した知の精神――。伊藤博文、山県有朋、井上毅から旧幕臣知識人まで、この国のかたちを築いた骨太な指導者たちの幕末明治の文明受容の旅を辿りながら、彼らの思想と行動を読む。『本』好評連載、待望の新書化!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • 2013/10/12
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2013/09/22

      この時代のリーダーは、どのように『国家』を創っていくべきかを考え抜き、そして行動に移していった。
      本著では、それらリーダーの思想、言動について具体的に触れられ、そこに映し出される鬼気迫る気概を肌に感じ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2013/09/16

      明治国家の枠組み、帝国憲法をつくった人々のはなし。西洋文化の洗礼に度肝を抜かれる人たちが居る一方、明らかに上から目線で馬鹿にしている村垣範正のような人が居たのが面白い。いい加減なお世辞で喜ぶ米婦人方を...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード