トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法

著:パトリック・マキューン 訳:桜田直美

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    世界最大の医療サイト(Mercola.com)設立者ジョゼフ・マーコーラ医師絶賛!コンスタンティン・ビューテイコ医師に学び、「オリンピックの金メダリスト」をはじめとする5000人以上の人生を変えた呼吸法とは!?呼吸を減らすだけで、「運動パフォーマンスが上がる」「喘息が完治する」「リバウンドせずに体重が減る」「疲れない体になる」「体内のデトックスができる」「脳卒中を防ぐ」「睡眠の質がよくなる」etc.呼吸を減らして健康になる方法をエビデンスをもとに解明!本書の目的は、本来の正しい呼吸法を身につけて、一生続く健康を手に入れてもらうこと。本書で紹介している内容をもとに、簡単なエクササイズを行えば、短期間で健康になって体力がつき、運動パフォーマンスが向上する。運動には縁がない普通の人でも簡単にできて必ず効果を実感できる。本書を読めば「呼吸量」を減らすだけで、疲れない「体と心」をつくる方法が手に入る!※本書の原注は、以下のURLよりPDFファイルをダウンロードできます。http://kanki-pub.co.jp/pages/oxygen_notes/

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    6
    5
    1
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      ビューテイコ呼吸法の講師として長年活躍する著者による、呼吸法の本。
      世間では深呼吸して酸素を多く取り込むのが良いこととされているが、その常識が間違っていることを本書全体を通して解説している。呼吸量はむ...

      続きを読む
    • 2019/05/13Posted by ブクログ

      ‪慢性的な呼吸過多の悪影響を述べています。ボーア効果を例に取り、血液中の二酸化炭素の量によって体内に取り込まれる酸素の量が決まるので適正量の呼吸が大事と説明。鼻呼吸はしようと言ってます。‬

    • 2019/02/06Posted by ブクログ

      副題”深呼吸は体に悪い!”、帯に”「呼吸量を」減らすだけで疲れない「体と心」をつくる方法”とある。 かいつまむと、呼吸過多は体に悪く、呼吸を改善すれば健康になって、運動能力も上がって病気がよくなる。深...

      続きを読む
    開く

    セーフモード