バレエ・リュス ニジンスキーとディアギレフ

桜沢エリカ

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

衣装・シャネル、美術・ピカソ、脚本・コクトー、音楽・ストラヴィンスキー。20世紀のヨーロッパに興奮と衝撃をもたらした奇跡のバレエ団「バレエ・リュス」。天才ダンサー・ニジンスキーの栄光・孤独。そして、破滅――。「天才を見つける天才」ディアギレフと「バレエに革命を起こした」ニジンスキーの物語。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2017/10/11Posted by ブクログ

    天才の宿命なのかな。

    猛烈に人を惹きつける人って、ざっくり陰と陽の2パターンがあると思うけど、ある種の陰のパターンの究極形だと思う(ちなみにバレエダンサーの陽の典型は、ニーナ・アナニアシヴィリだと思...

    続きを読む
  • 2017/11/01Posted by ブクログ

    三年前、「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」で、
    第一話の小冊子を貰いました。それがきっかけ。
    “自由”を求めるニジンスキー。
    “自由”を与えたいディアギレフ。
    彼らの“自由”がすれ違い、別離が訪...

    続きを読む
[{"item_id":"A001793728","price":"1222"}]

セーフモード