明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〔完全増補版〕

原田伊織

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    維新150年、偽りの歴史を斬る。共感と論争の問題作、ついに文庫化!幕末動乱期ほど、いい加減な美談が歴史としてまかり通る時代はない。京都御所を砲撃し朝敵となった長州を筆頭に、暗殺者集団として日本を闇に陥れた薩長土肥。明治維新とは、日本を近代に導いた無条件の正義なのか? 明治維新そのものに疑義を申し立て、この国の「近代」の歩みを徹底的に検証する刮目の書。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    18
    5
    2
    4
    7
    3
    6
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      著者曰く、〝明治維新は暗殺集団(薩長土肥)による流血革命である。勝てば官軍となった明治政府は、正義の旗をかざして歴史の美談をつくり上げ日本の近代化をすすめた〟と。立場が違えば政治的見解が異なるように、...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      今まで常識だと思っていたことの逆の言葉がタイトルになっているので、気になって手にとりました。
      賛否両論あるとのことでしたが、事実を別の視点から見ることの大切さを痛感すると同時に、知っているつもりでも知...

      続きを読む
    • 2018/12/01Posted by ブクログ

      明治維新の負の側面について。
      以下、本書より。

      私たちは、勘違いをしていないか。
      「新時代」「近代」と、時代が下ることがより「正義」に近づくことだと錯覚していないか。
      「近代」と「西欧文明」を、自分...

      続きを読む
    開く

    セーフモード