【最新刊】公家武者 信平 信平への果たし状

公家武者 信平

無料あり

7冊

佐々木裕一

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

    公家から武士になった侍・鷹司松平信平を主人公とする「公家武者」は、版元をまたぎ続く人気時代小説です。二見時代小説文庫の「公家武者 松平信平」シリーズでは、最終巻の対決で宿敵・神宮路翔を倒しましたが、講談社文庫の新シリーズ「公家武者 信平」は、その3年後から始まります。本作品はその空白期間、神宮路の弟・明楽との因縁決戦で、空白の三年が明かされる読者待望の短編です。(本短編は『逃げた名馬 公家武者 信平(二)』巻末にも収録されています。)

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.1
    12
    5
    0
    4
    2
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/15Posted by ブクログ

      セカンドシリーズ第五弾。

      信平の義父の徳川頼宣が逝去。祖父を亡くして意気消沈する福千代は、信平の領地へ行くことに・・。
      両親と離れた土地で、事件に遭遇する福千代の成長が楽しみです。
      因みに、今回はい...

      続きを読む
    • 2019/01/21Posted by ブクログ

      新シリーズ第四弾、前巻の続きから?
      中編一編と短編二編で最初は逆恨みした元公家の親娘の領地を巻き込んだ策謀、大勢に囲まれた弓矢で負傷するとは
      後は浪人の恋の成就の手助けと、追放された放蕩の藩主の子供を...

      続きを読む
    • 2018/11/28Posted by ブクログ

      セカンドシリーズ第四弾。

      第三話の「庭の天狗」が好きですね。
      福千代が、本当に良い子で心がほっこりしました。
      ラストは何だかエライ事が起こった感じで終わったので、続きが気になります。

    開く

    セーフモード