【最新刊】妖楼蜜事

妖楼蜜事

藤本 透/炎 かりよ

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「こんな噂を知ってるかい? 妖楼にはあやかしが集うというーー」帝都最大の歓楽街、東座の奥にそれはある。男専門の廓、妖楼。雨の日に現れた客、霧島は店一番の花魁桔梗を指名するが、桔梗は自分の名代として茅を出向かせる。袖にされても桔梗を指名して通い続ける霧島と、その度に茅を名代として出す桔梗。そして、桔梗の代わりに霧島の話し相手になる茅。桔梗は何故頑なに会おうとしないのか。霧島は何故「桔梗に会わなければならない」のか。そこにはある過去と、それぞれの秘密が関係していた。なんとか間を取り持とうとする茅だったが、自身も霧島に惹かれていることに気づくと、次第に桔梗の代わりであることが苦しくなってしまいーー。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2017/10/10

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビューを投稿する

セーフモード