夜また夜の深い夜

著:桐野夏生

721円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    友達に本当の名前を言っちゃだめ。マイコにそう厳命する母は整形を繰り返す秘密主義者。母娘はアジアやヨーロッパの都市を転々とし、四年前からナポリのスラムに住む。国籍もIDもなく、父の名前も自分のルーツもわからないマイコは、難民キャンプ育ちの七海さん宛に、初めて本名を明かして手紙を書き始めた。疾走感溢れる現代サバイバル小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    11
    5
    1
    4
    5
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/04Posted by ブクログ

      こういうふうに海外であるいは国内で身を潜めて生きていたり名前を変えていたり、そんなこともあるんだろうな、と。七海さんが気になる。#桐野夏生

    • 2019/06/21Posted by ブクログ

      友達に本当の名前を教えることも禁止されて生きてきたマイコ。
      そんな母は、家を空ける度に顔を変えて帰ってくる。
      住むところはアジアやヨーロッパから、今はナポリのスラムに住んでいる。
      今までだって貧しい暮...

      続きを読む
    • 2019/06/20Posted by ブクログ

      さいご、ほんと?うそじゃない?と思うんだけど、さらっと終わってしまって真相はなぞ。

      実際は何が起きていたのか・・・ということはこのお話においては全く重要ではないように感じた。いつもはそういうところが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード