【最新刊】映画と本の意外な関係!(インターナショナル新書)

映画と本の意外な関係!(インターナショナル新書)

町山智浩

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    映画のシーンに登場する本や言葉は、映画を読み解くうえで意外な鍵を握っている。本書は、作品に登場する印象的な言葉を紹介し、それに込められた意味や背景を探っていく。原作小説はもちろん、思わぬ関連性を持った書籍、劇中で流れた曲の歌詞にまで深く分け入って解説。紹介する作品は、『007』シリーズや『インターステラー』から、超大国の裏側がわかるドキュメンタリー映画まで。全く新しい映画評論!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/06
    連載誌/レーベル
    集英社インターナショナル
    出版社
    集英社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(26件)
    • 映画と本の意外な...2018/11/24Posted by ブクログ

      映画に登場する本棚の本であったり、原作本と映画の違いや、映画の中で語られる詩であったり、映画の冒頭に本の一節が語られることもある。
      そんな映画と書物の関係を探ってくれているのが本書。
      007のボンドガ...

      続きを読む
    • 映画と本の意外な...2017/03/25Posted by ブクログ

      町山智浩さんは、観たくなる批評する。
      「観せる批評」と表現すれば、すごく気が利いていてスマートだろうか。
      何をかというと映画を、である。
      これまでの著作もそうであった。初めて読んだ「映画の見方がわかる...

      続きを読む
    • 映画と本の意外な...2017/04/13Posted by ブクログ

      みたい映画と読みたい本が増えた。色々つながっていくのが面白くて、さくさく読めた。『インターステラー』はみたのにボルヘス気がつかなかったし。やっぱり映画は面白い。

    開く

    セーフモード