【最新刊】東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる

兵頭二十八

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北朝鮮の金正恩は、核兵器と大陸間弾道ミサイルの開発に血道を上げ、体制を維持しようとする。また経済崩壊に直面する中国では、国民の怒りを外に向けるためだけに対外強攻策を採る。……狂った独裁者たちが、その狙いを日本に向けたとき、果たしてこの列島は、どのような惨禍を受けるのか? ――意外と小さな被害に、全日本人が驚嘆する結末!!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/06
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      核戦争に備えて、しっかりと備えておきたいと思います。
      冬の準備を怠ったキリギリスのようになりたくありませんから。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      かの国からミサイルが日本へ数回、向けられた2017年に購入した本です。
      タイトルにある地名の“所沢”が特に気になったんです。
      私は所沢住民ではありませんが、同じ埼玉県民なので、「なぜ?なぜ?なぜに所沢...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      兵器はヒトを兵にする。しかし核ミサイルは兵力を無に帰す究極の脅威であり、低高度で爆発させ火球が地面に触れると放射能クレーターとなり、半永久的に居住不可。弾頭が数万発あるのに「70年以上使用されなかった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード