【最新刊】大前研一 デジタルネイティブ人材の育て方

大前研一 デジタルネイティブ人材の育て方

大前研一

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    21世紀に企業が求める人材の特徴は、ひとことで言えば、スマートフォンが全世界に普及したことを前提にビジネスを構築できる人ということになる。大前研一氏が考える「21世紀に必要な人材」とは一体どんなものか。これからのビジネスで活躍できる「人材」のカタチがわかる。【著者紹介】大前研一(おおまえ・けんいち)(株)ビジネス・ブレークスルー大学学長早稲田大学卒業後、東京工業大学で修士号を、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号を取得。日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、現在(株)ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。著書に、『「0から1」の発想術』『低欲望社会「大志なき時代」の新・国富論』(共に小学館)、『日本の論点』シリーズ(小社刊)など多数ある。「ボーダレス経済学と地域国家論」提唱者。マッキンゼー時代にはウォール・ストリート・ジャーナル紙のコントリビューティング・エディターとして、また、ハーバード・ビジネスレビュー誌では経済のボーダレス化に伴う企業の国際化の問題、都市の発展を中心として拡がっていく新しい地域国家の概念などについて継続的に論文を発表していた。この功績により1987年にイタリア大統領よりピオマンズ賞を、95年にはアメリカのノートルダム大学で名誉法学博士号を授与された。英国エコノミスト誌は、現代世界の思想的リーダーとしてアメリカにはピーター・ドラッカー(故人)やトム・ピータースが、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。同誌の93年グールー特集では世界のグールー17人の一人に、また94年の特集では5人の中の一人として選ばれている。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/04

    レビュー

    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      デジタルの急速な進化で人材、スキルが追い付いていないことが経営の大きな課題になっている時代へ今後の人材戦略の考え方。企業は正社員含めた人材のポートフォリオを、社員は21世紀に求められる人材になるための...

      続きを読む
    • 2017/11/24Posted by ブクログ

      ダイバーシティを進めれば平均点が下がるが、Low、Highが増える。

      empathy;共感力 ○
      sympathy;同感力 ✖️

    • 2020/07/04Posted by ブクログ

      2016年に開かれたビジネスセミナーの書き起こしです.
      4人の発表スライドとそれぞれの質疑応答も収録されています.

      大前氏による21世紀型人材戦略の解説
      現時点でうまく行っている事例の紹介(日産,サ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード