【最新刊】色づかいで人を見抜く カラー読心術―――気になるアノ人のことがスグわかる!

色づかいで人を見抜く カラー読心術―――気になるアノ人のことがスグわかる!

1冊

著者:河野万里子

1,098円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「いま、目の前にいる人の本音が知りたい・・・」相手の本音や今日のメッセージを、何かで読み取ることができればと切実に願う瞬間がありますよね。★どうコミュニケーションを図ったらいいのか?相手に直接本音を聞けそうで聞けないときだからこその方法です。★相手の持っている色を見ろいま目の前の相手のファッションや小物の色は、意識・無意識に関係なくその人が選びとった色。黙っていても、本心を隠していても、どうしても伝わってしまうのが色のメッセージ。その色が持つ固有のメッセージを読み取るだけで、相手の本音や今日のメッセージに迫ることができるのです。★まずご自身が選ぶ色で考えてみてください。ご自身がいつも好んで身に付けている色があったり、この色は絶対に無理といった拒否感の強い色があったりしません?★色の『好き』『嫌い』ってどこから生まれるのでしょうか色には多くの人が同じ意味として受け取っている固有のメッセージがあるのです。そのメッセージが自分に合うか合わないかを、その色の好き嫌いとして、私たちは感じています。★具体的な例をご紹介しましょう例えば『黒』という色には「威厳」や「カリスマ性」という固有のメッセージがあります。寡黙なのに存在感がある、どの色にも染まらない頑固なまでの個性があるのです。 他にも黒には「孤独」「威厳」裏を返せば、「友だちいない」「近寄りがたい」 黄色には「ユーモア」「フレンドリー」、裏を返せば「空気が読めない」「重みがない」★周りの友人知人を思い出してみようそん『黒』のファッションで強烈にブランドを世界に印象づけたのが、アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏です。彼が商品のプレゼンテーションをするときには、、、。(この先は本文にて。)★あなたも「カラー読心術」を活用すれば、 とてもいいコミュニケーション力がつくはずです。 ■目次 第1章 色には万人共通のメッセージが託されている第2章 身につける色にはその人の生き方が表われる第3章 これが「カラー読心術」 基本13色を徹底解説第4章 持っているモノの色から相手の心を読み解く【ビジネス編】第5章 持っているモノの色から相手の心を読み解く【恋愛結婚編】第6章 色を上手に使って幸せと成功をつかみとろう■著者 河野万里子

    続きを読む
    提供開始日
    2017/10/06

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/29Posted by ブクログ

      図書館で借りた本。最初に基本の13色の個別性格から解説。謝罪の時はグレーが良いとか、ピンクは恋愛色、水色は協調性など。服だけじゃなく小物の色なども性格が出るとか豆知識にはなったかな。

    • 2014/04/06Posted by ブクログ

      色遣いで人の内面にある気持ちを読み取れる!という本。
      身近なアニメ(ドラえもんのキャラクターの服の色など)にも現れているのがおもしろいと思った。
      その時の気分によって自分の色遣いが変わることもあるが、...

      続きを読む
    • 2013/06/04Posted by ブクログ

      とても読みやすくてサクサク読んでしまいました。
      カラータイプ別に接し方のアドバイスなどもあり面白かったです。
      また、持ち物など身につける色でも相手の深層心理などがわかるので、自分も意識的に色を取り入れ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード