ビジネスが変わる民法改正

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お金の貸し借りなど契約に関わる民法が改正された。約120年ぶりの抜本改正がビジネスや暮らしに与える影響は大きい。2020年にも施行される予定で、改正のポイントをしっかりと押さえたい。 本書は週刊エコノミスト2017年7月11日号で掲載された特集「ビジネスが変わる民法改正」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・契約のルールに大きな変化 グローバル時代に法体系刷新・飲み屋のツケ、病院の診療代… 時効10年に統一し、煩雑さ解消・労働債権の消滅時効 民法改正に合わせ長期化・現実に合わせ明確に定義 相手に不利な内容は無効・5%から3%へ「変動制」に 過払い金や損害賠償を左右・「公正証書」でハードル高く 事業の資金調達に影響も・「契約不適合」の概念を導入 請負契約のシステム開発は注意・貸す人も、借りる人も必見 不動産実務はこう変わる! 重要7項目解説・我妻民法の大転換 「大陸法」から「英米法」へ 国際的潮流への対応・相続法の改正議論 与党に「家制度」への思い? 「法律婚だけ保護」に反対噴出【執筆者】桐山 友一、米江 貴史、三平 聡史、水口 洋介、小野 智彦、岩田 修一、大神 深雪、小久保 崇、吉田 修平、松尾 弘、荒木 理江

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード