【最新刊】ここから買う株2万円

ここから買う株2万円
1冊

週刊エコノミスト編集部

216円(税込)
ポイント 2pt

通常ポイント:2pt

日経平均株価が2万円を突破した。割安と言われる日本株の更なる上昇余地はどれほどなのか。 本書は週刊エコノミスト2017年7月18日号で掲載された特集「ここから買う株2万円」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・金利上昇で見直される金融株 日米欧中の好況感そろい踏み・インタビュー キャシー・松井 人手不足など契機に内需拡大 海外投資家が日本株買いに・自動車、金融株が上昇へ 米経済の後退リスクは低い 弱まる日本株の悪材料・割安な日本株 秋には海外の政治リスクが低下 中間決算発表で2万2000円も・円高でも株高 海外投資家呼び込む要因に 非製造業が利益増・変わるインバウンド 化粧品や「コト消費」へ・人手不足、働き方改革 産業用ロボットや人材派遣 女性の「時短化」製品に追い風・低ROE銘柄 企業統治改革で収益向上に期待・収益構造 魅力の内需・ディフェンシブ銘柄・東証1部昇格へ 新興市場で好調な10銘柄・実は出遅れていない日経平均 ドル建ては17年ぶり高値圏・懸念材料 米国株に急落の兆し ITバブル並みに割高【執筆者】松本 惇、阪上 亮太、井出 真吾、柏原 延行、香川 睦、糸島 孝俊、大川 智宏、藤本 誠之、三浦 豊、菊池 真【インタビュー】キャシー・松井

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード