友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

山中伸弥 平尾誠二・惠子

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    2010年、雑誌の対談で初めて出会った二人は急速に仲良くなり、やがて親友と呼べる関係になった。気のあう男同士として酒を酌み交わし、家族ぐるみで食事を重ねた。こんな関係がずっと続けばいいーー。お互いそう思っていた矢先、友・平尾誠二に癌が宣告される。山中伸弥は医師として治療法や病院探しに奔走。体調は一進一退を繰り返し、訪れる永遠の別れ。大人の男たちの間に生まれた、知られざる友情の物語。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    44
    5
    16
    4
    20
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      今、日本開催のワールドカップが始まっている。見たかった事でしょう・・・。本当に早すぎる「死」です。くやしかったでしょう!吐血する前に何か自覚症状はなかったのでしょうか?その辺が知りたかった。

    • 2019/09/16Posted by ブクログ

      2019.9.16
      読みながらぼろぼろ泣けてきた。
      ものすごくかっこよくて、賢い人だなあと。
      大人になってからの友情ってほんとに最強。

      「人を叱る時の四つの心得」
      プレーは叱っても人格は責めない。
      ...

      続きを読む
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      仲良くなるのに期間は関係ないのだなと再認識。
      逆に彼ら2人が高校の同級生だったとしても仲良くなっていないのかもしれないですね。
      お互いに道は違えどそれぞれが人生を半世紀近く生きてきて、それぞれの人格も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード