【最新刊】身体のリアル

身体のリアル
1冊

著:押井守 著:最上和子

1,944円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

押井守監督の実の姉にして舞踏家・最上和子(もがみかずこ)との対話。だれも知らない押井家の謎から、武道×舞踏をめぐる身体論にまで迫る!!笑える身体論。押井家トーク炸裂!!押井 姉ちゃんが言ってたのは「身体は必ず自分を肯定」するというさ。――多くの人の場合は壊れたことを否定するケースが多いわけですよね。でも壊れたことを肯定して受け入れてしまって自分のなかに取り入れるというものの考え方ってすごくポジティブですよね。最上 壊れれば生まれ変われるというふうに私なんかは思う。壊れないと生まれ変われないから。「これは本当の自分じゃない」みたいな気持ちはみんな持ってると思うのね。本当はもっと自由なはずだとかさ。

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/10/08Posted by ブクログ

    毎度のことだけど押井守を読むとすぐかぶれる。耳触りの良いこと気持ち良いことばっかり受け取ってしまってほんとに読めてるのかいつもわかんない。
    でもまずは『ゾンビ日記』からついにお姉さんが登場ー!って喜び...

    続きを読む

セーフモード