【最新刊】大いなる眠り

大いなる眠り

レイモンド・チャンドラー/村上 春樹

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私立探偵フィリップ・マーロウ。三十三歳。独身。命令への不服従にはいささか実績のある男。ある午後、彼は資産家の将軍に呼び出された。将軍は娘が賭場で作った借金をネタに強請られているという。解決を約束したマーロウは、犯人らしき男が経営する古書店を調べ始めた。表看板とは別にいかがわしい商売が営まれているようだ。やがて男の住処を突き止めるが、周辺を探るうちに三発の銃声が……。シリーズ第一作の新訳版

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/30
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • null巻2015/09/22Posted by ブクログ

      私立探偵フィリップ・マーロウは、莫大な資産家であるスターンウッド将軍の娘が脅迫されている事件の依頼を受け、脅迫状の差出人で怪しい書店を経営するガイガーの家を訪ねる。
      がマーロウが周囲を調べている間に...

      続きを読む
    • null巻2015/10/07Posted by ブクログ

      『落書きのある壁の陰になった角には、青白いゴムの避妊リングが落ちていた。それを片付けるものもいない。実に心温まるビルディングだ』

      チャンドラーを読んでいたのは二十代。三十年程前のこと。シニカルな言い...

      続きを読む
    • null巻2018/12/23Posted by ブクログ

      探偵フィリップ・マーロウが石油富豪一家の闇に探り込んでいく話。はっとするような比喩表現が散りばめてあり、それだけでも読んでいて面白い。それにしてもこの姉妹は現代のパーティピープルな米国セレブを描いてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード