混浴と日本史

下川耿史

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    温泉列島・日本に花開いた混浴文化。常陸風土記にも記されるなど、長い歴史のなかで、庶民の日常生活の一風景となった。宗教や売春の場となったり、権力から弾圧されたり、多様な面を持つ。明治以後、西欧文明の波が押し寄せ、不道徳とされながらも消えずに残った混浴。太古から現代まで、混浴が照らす日本人の心性に迫る。図版多数収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード