【最新刊】星星の火 : 2

星星の火

福田和代

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    警視庁保安課の刑事・上月は、女子高生の売春組織を捜査していた。やがて中国人を中心にした別の組織を捕らえると、〈赤い虎〉なる存在を知らされる。一方、中国語の通訳捜査官・城は上月から聞いた〈赤い虎〉を探るべく動く。そして、池袋で起きた殺人事件からその端緒を掴む。事件の真相解明はもちろん、上月と城の私生活を巧みに織り込んだ警察小説のニュースタンダード。人気シリーズ待望の第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/03
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 星星の火 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      星星の火 全 2 巻

      2,013円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/01Posted by ブクログ

      警視庁保安課の刑事・上月千里と警視庁通訳センターの中国語通訳捜査官の城正臣のシリーズ2作目だ。但し、話の中心は城通訳だ。そして今回も中国人組織「赤い虎竜」の話だ。一般的な殺人事件を追う刑事ものと比べる...

      続きを読む
    • 2019/05/07Posted by ブクログ

      56
      続編の方が1冊目より良いのは珍しい。登場人物も善人が頑張ってちょっとステレオタイプっぽいけれども読後感がスッキリした。次作はどうかな?

    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      在日中国人がらみの犯罪。興味深く面白かった。主人公の二人もキャラ立ちしてて続編も期待したい。在日中国人の数が70万を越える中、もし彼らが一致団結したならばその力は計り知れない恐怖になるだろうと背筋が寒...

      続きを読む
    開く

    セーフモード