【最新刊】弘兼流 60歳からの楽々男メシ

弘兼流 60歳からの楽々男メシ

弘兼憲史

865円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    料理は、カンタンなほど、おいしい! 楽しい!●味噌汁は、顆粒だしの素でOK●調味料はいちいち計る必要なし●ごはんに、一汁一菜で十分●時間のかかるものは作らない●缶詰、レトルトもフル活用新聞、雑誌から取材殺到!<やる気になると大評判>●料理にまったく興味のなかった僕が、楽しそうだからやってみよう、と生まれて初めて思った。(63歳、男性)●夫に読ませようと買いましたが、自分が夢中に。こだわりは必要はなかったんですね。(55歳・女性)●材料の分量も書いていないが、それでもできるくらいの簡単な料理が紹介されていて、確かに楽々。味付け卵をさっそく作ってみたが、うまかった。(53歳・男性)●顆粒だしの素OK、だし醤油OK、カレーも普通のルーでOK、という気軽さが何よりいい!(58歳・男性)料理ができれば、・家族から感謝される・健康的な食事が毎日できる・経済的にもメリット大・仲間と集う楽しさが増す初心者でも簡単にできるコツをたっぷり紹介。カラー口絵:ヒロカネプロダクションのまかないメシ●プロローグ 食べる楽しみと作る喜び●第1章 60歳からの料理は「ラクに楽しく」・料理の楽しさに目覚めた頃 ・まず台所に立ってみよう ・男が料理や買い物に向いている理由  ・野菜を切ってみる・きんぴらごぼうとカレーで訓練  ・便利食材は臆せず使う ●第2章 60歳からの健康ごはん・静かな流行「一汁一菜」・月一万円の食費に挑戦    ・野菜を食べる     ・魚を食べる ・海藻とキノコを食べる  ・肉を食べる      ●第3章 ヒロカネプロのまかないメシ・40年以上の歴史があるまかない・時短でつくる一汁二菜 ・ヘビーローテーション ・季節の定番メニュー ●第4章 ちょっとの工夫で味わいアップ・達人は時間と温度を支配する ・和食は「出汁」で楽しむ ・中華をワンランクアップさせるコツ・肉料理と卵料理のひと工夫●第5章 人が集まったらキッチンに立とう・喜んでもらう楽しさ・鍋を囲んでワイワイがいい・料理でつながる人間関係●エピローグプラス思考で長生きする<アイデアレシピもいっぱい>偽松茸ごはん/さっぱり豚の角煮/鶏紅白鍋/とろとろ味付け卵……他

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/29

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 弘兼流 60歳から...
      2019/06/17

      楽しいシニアの生き方を提唱する著者は
      料理も自分でこなすことをすすめます。

      いわゆる男のこだわり料理ではなく、
      シンプルに長く続けられるラクメシです。

      当たり前ですが健康の秘訣でもあります。
      何歳...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 弘兼流 60歳から...
      2017/08/12

      20170812 自分のこれからの課題として料理ができる人になる事を上げている。そのためにいろいろな本を読んで見たがこの本では自分でもできるのでは無いかという気にさせてくれるくらいハードルを下げて貰っ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 弘兼流 60歳から...
      2019/09/18

      1947年山口県岩国市生まれ、団塊の世代、弘兼憲史さん、「課長島耕作」、楽しませていただきました。「60歳からの楽々男メシ」、2017.7発行。40年以上まかないめしの経験がおありとのことですが、「食...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード