【最新刊】三人の二代目 (下) 上杉、毛利と宇喜多

三人の二代目 上杉、毛利と宇喜多

堺屋太一

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「天下獲り」まであと一歩のところまで来ながら、信長は本能寺の変に倒れる。幼少の宇喜多秀家は、美貌の母・お福の知謀により、羽柴秀吉に接近。その猶子となることで、「お家の安全」を図ろうとする。一方、北陸の勇・上杉景勝は領内の平定に手を焼き、毛利輝元は二人の叔父の言動に翻弄される。「三人の二代目」の行く末を決したのは、「女の助言」だった――。激動の戦国期を描いた堺屋歴史巨篇、いよいよ大団円。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/29
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 三人の二代目 上杉、毛利と宇喜多 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三人の二代目 上杉、毛利と宇喜多 全 2 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2017/10/01Posted by ブクログ

      上杉のその後は、大河ドラマ「天地人」、毛利のその後は、同ドラマ「軍師官兵衛」を照らし合わせながら、ああそうだったなあと思い出しつつ、宇喜多の場合は、未知の領域だったので、お福の根回しのよさに舌を巻いた...

      続きを読む
    • 2019/04/30Posted by ブクログ

      明日、新しい時代である「令和」を迎えるにあたり、部屋の片隅に読みかけとして置かれていた本を一斉に整理することにしました。恐らく読み終えたら、面白いポイントが多く見つかると思いますが、現在読んでいる本も...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001789078","price":"990"}]

    セーフモード