【最新刊】保育園を呼ぶ声が聞こえる

保育園を呼ぶ声が聞こえる

ブレイディみかこ/國分功一郎/猪熊弘子

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「子どもには適切な保育を受ける権利がある」子どもの視点から保育問題をとらえかえし、根本的な処方箋を提案する。当事者だけでなく、これから子どもをもちたいひとも知っておくべき保育の前提がここに。日本の「保育」において重要な課題として考えたかったのは、「子どもの権利」である。日本では「子どもの権利」が守られていない。「子どもの権利」という観点から保育を見れば、日本の保育がまだまだ不十分であり、どこをどのように直せばいいのかがおのずと見えてくるはずだ。読んだひとにきちんと考えてもらえるように、ただの簡単なハウツーものにはなっていない。まだ知らない「保育」の世界に思いをめぐらせ、考え、どのような保育なら子どもが幸せになれるのか、一緒に考えてほしいと思う。猪熊弘子「まえがき」より

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/29
    出版社
    太田出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • null巻
      ネタバレ
      2017/06/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • null巻2017/11/11Posted by ブクログ

      現状の保育園事情からも日本は世界の先進国より随分遅れているし、保育園のみならず、幼児教育のこと、子供の権利のことを真剣に考えられていなかったことにただただ驚く。保育園にただ子供を預けられればいいという...

      続きを読む
    • null巻2017/09/25Posted by ブクログ

      昨年は「保育園落ちた‥」のブログや、新規保育園の計画中止のニュースで「待機児童問題」という言葉を何度も聞いた。
      だけど「待機児童」の何が問題なのか?本当には分かっていなかった‥問題は、保育そのもの。安...

      続きを読む
    開く

    セーフモード