能―650年続いた仕掛けとは―(新潮新書)

安田登

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ650年も続いたのか――。足利義満、信長、秀吉、家康、歴代将軍、さらに、芭蕉に漱石までもが謡い、愛した能。世阿弥による「愛される」ための仕掛けの数々や、歴史上の偉人たちに「必要とされてきた」理由を、現役の能楽師が縦横に語る。「観るとすぐに眠くなる」という人にも、その凄さ、効能、存在意義が見えてくる一冊。【巻末に、「能をやってみたい」人への入門情報やお勧め本リスト付き】

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      能楽を初めて観たとき(最近の話です)、舞台の緊張感がすごく気持ちよくて、なんだかハマりそうな予感がしました。
      主役(シテ)と脇役(ワキ)と各種囃子方はそれぞれ違う流儀の人で、演劇のような事前のリハーサ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

       能楽師が語る能の魅力。

       能の歴史から仕組み、魅力、見方や習い方まで。
       能ってこんなにも日本の歴史、生活に関係していたのかと驚く。能の山場である舞には実は意味がないというのも驚きだった。能は演劇...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001787634","price":"836"}]

    セーフモード