【最新刊】肉小説集

肉小説集

著者:坂木司

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    凡庸を嫌い「上品」を好むデザイナーの僕。何もかも自分と正反対な婚約者には、さらに強烈な父親がいて――。(「アメリカ人の王様」)サークルで憧れの先輩と部屋で2人きり。「やりたいなら面白い話をして」と言われた俺は、祖父直伝のホラ話の数々を必死で始めるが……。(「魚のヒレ」)不器用でままならない人生の瞬間を、肉の部位とそれぞれの料理で彩った、妙味あふれる傑作短編集。解説・近藤史恵

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/23
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(30件)
    • 肉小説集
      2019/03/29

      「肉」および肉料理と、ぱっとしない男、
      が二大テーマの短編集。

      肉料理も、登場するものは「おいしくない」もの多し(^ ^;
      ゆえに「グルメ小説」ではない。絶対に(^ ^;

      特に連作になっているわけ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 肉小説集
      2018/01/07
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 肉小説集
      2019/01/07

      短編集だが、どれもストーリーが似ていなく、そこが良い。共通点は、物語のバイプレーヤーに必ず肉料理があることのみ。タイトルに惹かれて読んだだけだが、大当たりだった。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード