【最新刊】お天気屋のお鈴さん

「お鈴さん」シリーズ

2冊

著者:堀川アサコ

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    杜の都、仙台にはかわいくてお天気屋な幽霊がいる。永遠の十七歳(なぜなら死んでいるから)お鈴さんである。江戸時代の幽霊だが、地下鉄も自在に乗りこなし神出鬼没。OLのカエデに取り憑き、奉公人扱いをするなど、やりたい放題。だが事件と聞けば放っておけず、首を突っ込むお人好しでもある。カエデたちを巻き込んでは、仙台の街を縦横無尽に駆け回る。はてさて今日の騒動は!? 読むと元気をもらえる、やさしい幽霊の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/02/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/15Posted by ブクログ

      好いた男が駆け落ちして未練がある江戸の商人の娘さんが現代まで幽霊でいるお話
      主人公にその二人の生まれ変わりを探させようとするんだけど、それがお話もメインかと思ったけど意外とあっさり解決した
      成仏の条件...

      続きを読む
    • 2018/04/17Posted by ブクログ

      「お鈴さん」シリーズ第二弾。
      杜の都・仙台を舞台に幽霊のお鈴さんと番頭さん、取りつかれたカエデとプンプクリンのこんちゃんが事件を解決していく!

      今回は前作よりカエデとこんちゃんね関係が進みま...

      続きを読む
    • 2018/03/26Posted by ブクログ

      ぉ鈴さん(幽霊)って勝手な人いや幽霊だねぇと思ってた前半。後半は何だ良いとこあるじゃんに変わった。
      彼女と仲間たちは飲食をするのだ。物に触れる?飲み込む?う~~ん細かいことを想像するのはやめとこう

    開く

    セーフモード