【最新刊】はじまりは窓でした。

はじまりは窓でした。

著:名倉和希 イラスト:阿部あかね

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国(よしくに)。ある日、ワケあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳(しろやなぎ)がぶら下がっていた――!! 口止めをするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり……? 窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻ラブ。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2017/09/21

レビュー

4.5
6
5
3
4
3
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/06/22Posted by ブクログ

    名倉センセのコメディは、すばらしくツボにヒットします。笑わせてエロで胸キュンで、と三拍子そろっている希少な作家さん。もっと読みたくなってしまって、現在中毒症状進行中です。

    タイトルからして心引かれる...

    続きを読む
  • 2013/09/30Posted by ブクログ

    自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国。ある日、ワケがあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳がぶら下がって...

    続きを読む
  • 2011/05/04Posted by ブクログ

    窓拭き職人・白柳×エリートリーマン・吉国

    最近、「仕事はできるけど、自他共に厳しくて対人関係がうまくない受」ブームの私。
    このお話も確かそんな受だったようなと思い出して読み返してみたら、初読みではそ...

    続きを読む
開く

セーフモード