日曜日の人々

高橋弘希

1,242円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

自殺した従姉から宅急便で届いた日記。それをきっかけに、僕は、彼女が生前出入りしていた自助グループに関わるようになっていく。心に傷を抱え、ときに死に惹かれる若者たちを圧倒的なリアリティで描く傑作青春小説。

続きを読む

レビュー

3.4
7
5
0
4
3
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2018/09/24Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/08/19Posted by ブクログ

    指の骨にも言えるけれど、この作者はどうしてこんなに緻密に物事を描写できるんだろう?普通、書き手と登場人物の間には少なからず距離があるものだと思うけれど、まるで本人が体験したことを綴ってるような。とんで...

    続きを読む
  • 2018/07/29Posted by ブクログ

    初めましての作家さん。今期の芥川賞を受賞されたのですね。
    面白かったです。という表現は適切ではないかもしれませんが、惹き付けられて読みました。
    レム、そして「朝の会」に集いながら、自死を選ぶ人たち。死...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード