【最新刊】銀河鉄道の父

銀河鉄道の父
お得1冊

門井慶喜

1,404円982円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

宮沢賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、創作に情熱を注ぎ続けた。地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

続きを読む
提供開始日
2017/09/22
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

4
162
5
52
4
71
3
36
2
1
1
2
レビュー投稿
  • 2019/06/11Posted by ブクログ

    感動した!ここ何日間、宮沢政次郎の父性に感心し、宮沢賢治に寄り添い、読み終わりたくないと思った一冊。いい映画を観た気分になった。

  • 2019/06/03Posted by ブクログ

    父の視点で描かれる宮沢賢治。この時代の、男親ならではの、無骨さや不器用さを持ちつつも、我が子を慈しむ親心が溢れている。体の弱い子はなおさら、祈るような思いで見つめることが多かったろう。その作品を目にし...

    続きを読む
  • 2019/05/22Posted by ブクログ

    父親の愛情の深さを深々とそして熱く感じました。自分と戦いながら。子供達を愛してやまない、同じ父として、そして、息子として、両面から感じ入りました。

もっと見る

セーフモード