【最新刊】銀河鉄道の父

銀河鉄道の父

お得

1冊

門井慶喜

1,430円1,001円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宮沢賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、創作に情熱を注ぎ続けた。地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    172
    5
    55
    4
    77
    3
    37
    2
    1
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/01/21Posted by ブクログ

      158回の直木賞受賞作。

      この時、もう一冊受賞した作品があったけれども、私はずっとこちらが読みたくて仕方なかった。TVで朗読された文章を聞いて、読みたい!と忘れられなかった1冊。今日、朝から読み始め...

      続きを読む
    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      宮沢賢治にはいいイメージしかなかったけど
      なかなか色々だった。


      妹のトシは本当に立派。
      生きていたら賢治以上の作品を残していたかもしれない。

      どんな時もお父さんの愛情は変わらず
      経済面でも...

      続きを読む
    • 2019/12/27Posted by ブクログ

      とうちゃん、息子のこと可愛くて好きで好きでしょうがないんだな…!
      父の、子への愛に溢れた本でした。朝ドラが目の前で展開されていくような感覚で楽しめ、とても面白かったです。

    開く

    セーフモード