【最新刊】さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神

さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神

1冊

笙野頼子

1,705円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛猫よ君のために戦争を止めたい。しかし私には文学しかない。さぁ、だから文学で戦争を止めるよ。お髭ふくふく毛色白黒垂れ耳の猫神様が語る平和で幸せな猫台所日記に影を落とす戦前。愛・猫・愛・飯・戦・争・反・対ご飯とお薬、憲法守れ! 本書は新聞テレビなどより良く報道しております

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/01Posted by ブクログ

      私情の塊。恨みつらみの集合体。
      コンプレックスが積み重なってできあがった体と心が、コンプレックスの原因と同じことを繰り返す。
      自分以外のものを認めず、自分の正しさだけを信じる。
      怖い。

    • 2017/11/08Posted by ブクログ

       中野重治は、?外論の中で次のように書いていた。「?外にはぬくい心が書けている。けだものが二ひきくっついて温め合うような心が欠けている」「彼は指一本ひとに指させなかった。しかし一般に作家は、人に百本も...

      続きを読む

    セーフモード