【最新刊】サイメシスの迷宮 忘却の咎

サイメシスの迷宮
3冊

アイダサキ

745円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

天才プロファイラー・羽吹允は、九歳のときに誘拐され、一年後に発見されてから、超記憶症候群を発症していた。二十年ぶりに会った小学校の友人からもたらされた情報は、最近起きた事件と過去の誘拐を結びつけるものだった。記憶を丹念にサーチする羽吹に見知らぬ番号からSMSが届く。指定された部屋にあった変死体は、過去の事件の関係者。羽吹の記憶の扉は開くのか。

続きを読む

レビュー

4
15
5
4
4
8
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/15Posted by ブクログ

    キャラクター設定がうまい。
    さすがBLで書き続けてきただけあって、人物を書き込む力はあるな、という感じ。
    それどけではなく警察組織のことや犯罪捜査のシーンなどもリアル。

    帯に「サイコホラー、警察小説...

    続きを読む
  • 2019/04/25Posted by ブクログ

    私もブラックアウトしたくなるような終わり方!!

    きっと、もっと何かあるんだろうな。
    私の小さい脳みそでは先が見えない。

    きゅーーんと心臓が絞られそうな・・・

    トイレに行くのが怖くなるのは、こうい...

    続きを読む
  • 2018/08/08Posted by ブクログ

    ●警視庁捜査支援分析センターに配属された神尾文孝は、超記憶症候群の上司、羽吹允をコンビを組むことになる。配属初日、日野市で発見された女性の遺体は銀色の繭に包まれ、美しいとも思えるものだった。都内で連続...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード