【最新刊】旧暦で今をたのしむ「暮らし歳時記」 日本の四季と行事が身近になる!

旧暦で今をたのしむ「暮らし歳時記」 日本の四季と行事が身近になる!
1冊

監修:松村賢治

1,100円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

【複数色を使用したコンテンツです。モノクロ端末では一部読みづらい場合がございます。】旧暦を暮らしに取り入れて、季節の変化を楽しむための手引き書。季節ごとの行事や植物、食べ物、遊びなどを豊富なイラストで紹介する。季節のうつろいを五感で味わい、心も体も豊かになる旧暦暮らしのすすめ! 桃の節句なのに桃が咲いていなかったり、七夕が梅雨の時期なのは、新暦に変わったから。もともとは行事食には旬の食材が使われ、あしらいにもその季節の植物が使われていました。旧暦を知ることで、日本の行事と四季が身近になります。月と太陽の運行の両方を取り入れた暦の旧暦では、日付がわかれば月の形もわかります。旧暦で暮らしてみると、年中行事と月との関連も感じられることでしょう。このほかにも、古典や歴史をより深く理解するのに役立ったり、釣りや園芸、俳句などの趣味がより楽しめるようになるなど、旧暦を暮らしに取り入れることで、より豊かな毎日を送ることができます。

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/06/19Posted by ブクログ

    イラストたっぷりの歳時記ものの本は、イラストを見ているだけでも楽しい。
    最近「旧暦暮らし」がひそかなブームのようですね。
    確かに暦と季節のズレが昔から違和感だったのが、旧暦で見直してみるとなるほど~っ...

    続きを読む

セーフモード