【最新刊】山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立

山は市場原理主義と闘っている―森を守る文明と壊す文明との対立

1冊

著:安田喜憲

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「森林」「環境」をキーワードに太古からの文明の衰亡を検証。米国・中国の影響力が大きくなる世界システムに対し、文明論の立場から警鐘を鳴らす。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/15

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/06/30Posted by ブクログ

      ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
      http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB00529742

    • 2010/06/30Posted by ブクログ

      不景気になると農業や林業が脚光を浴びるとはよく言われますが、本来人間が担うべき自然維持の活動は経済に従って行っていればよいものなのでしょうか。

    セーフモード