【最新刊】ホテル・メランコリア

ホテル・メランコリア

著:篠田真由美

1,600円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幻のホテルをめぐる、甘美で謎めいた記憶。人々が語る、横浜の高台にあった小さなホテルの思い出話。そこに隠された秘密とは――幻想味に満ちた珠玉の八編。「私の記憶の中にあるホテルを探してくださらない」。ある老婦人から依頼された私は、かつて横浜の高台にあり、多くの外国人客を迎えた小さなホテルについて調べはじめる。海が見えるオープン・テラス、年末にバンケットルームで開催される豪華絢爛なダンス・パーティ、評判のシェフが作り出す珍しい料理の数々、世間の目をはばかる客も多かった長期滞在客用のアパートメント。不思議なことに、もと従業員や宿泊客たちが語るホテルにまつわる思い出話には、死の影と奇妙な謎がからみついていた――憂いと頽廃の気配漂う、美しくも恐ろしい連作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/15
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(16件)
    • ホテル・メランコリア
      2013/04/27

      まーちさんのブクレポを読んで、面白そうなので読んだ。

      どちらかというと女性向けの物語のような気がするが、皆川博子とか好きなら、男性でも面白いと思う。


      内容はまーちさんもあめん坊さんも書かれている...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ホテル・メランコリア
      2013/03/17

      かつてあった「ホテル・メランコリア」を舞台とした、レトロで幻想的なミステリ連作集。本の随所に挿入された写真も、雰囲気をたっぷりともりあげてくれます。
      どの作品も美しくて、どこかしらぞくりとさせられるホ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ホテル・メランコリア
      2013/03/04
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード