【最新刊】お金が増えるフィンテック

お金が増えるフィンテック

週刊エコノミスト編集部

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金融とIT(情報技術)を融合させたフィンテックは、身近なところでお金を生み出し、金融の仕組みを進化させ始めた。 本書は週刊エコノミスト2017年6月6日号で掲載された特集「お金が増えるフィンテック」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに第一部・おつりを投資に回す 意識せずに資産を増やす・フィンテックで戦う企業50社+主な提携企業・銀行融資はもう古い ビッグデータとAIで素早く融資・アマゾン融資を活用 出店者の取引情報で迅速・スウェーデン 「現金お断り」の時代 銀行窓口もキャッシュレス・英国 「ペイエム」 スマホと電話番号でカンタン送金・中国 広がるシェアリング モバイル決済が新産業を生む・インド キャッシュレス先進国に 高額紙幣廃止でスマホ決済倍増・ブロックチェーン ダイヤ流通を健全化、送金で銀行中抜き・【インタビュー】沖田貴史(SBIリップルアジア社長)・決済が進化する レジはもういらない 支払いを意識せずに買い物する・米国最新事情 ロボアドバイザー、音声認証……AIで飛躍するフィンテック・メガバンクのフィンテック活用第二部・インシュアテックで保険革命 契約者の健康増進を図る“脱保険”商品に注力・営業が変わる AIアドバイザーで成約率アップ第三部・仮想通貨と国家 中央銀行もデジタルへ 揺らぐ通貨独占権・権力不要の通貨でドル基軸は終わる・【インタビュー】岩下直行(京都大学公共政策大学院教授・元日銀フィンテックセンター長)・日本の技術を採用 カンボジア中銀が新決済インフラ開発へ・【インタビュー】岡田隆(ソラミツ共同最高経営責任者)・仮想通貨の幻想 ビットコイン七つの誤解【執筆者】大堀 達也、松本 惇、東海林 正賢、佐藤 吉宗、中島 真志、矢作 大祐、佐藤 隆広、両角 真樹、小林 啓倫、松原 義明、山口 泰裕、志波 和幸、田代 秀敏【インタビュー】沖田 貴史、岩下 直、岡田 隆

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/13
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード