流学日記 20の国を流れたハタチの学生

著:岩本悠

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリマンジャロのてっぺんで悟った。そのくせピラミッドに盗頂し逮捕される。一〇日間の断食をし、食の業を見つめる一方、ウガンダの山羊を殺して「いただきます」。ただ流されていく平凡な毎日から飛び出した学生が送る、矛盾だらけの自分と世界を旅する痛快な日々とは!?二〇歳の感性とエネルギーが爆発した、若者の新しい旅のバイブル。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/08/19Posted by ブクログ

      二十歳のころにこんな活動をされてたなんて、さすが、岩本さん!!

      海士町の、いや、日本の、教育委員会の鏡です!!

      すっごく刺激を頂きました!!

      ありがとうございます!!



      以下、引用。


      ...

      続きを読む
    • 2010/09/06Posted by ブクログ

      感動した。震えた。
      人間は経験の生き物だと実感する。
      経験と実感にこれ以上なく飢える。
      海士で悠さんのオーラに圧倒された。
      そのオーラの理由がここにある。至る道が見える。
      知っちゃったから。あぁなりた...

      続きを読む
    • 2014/02/15Posted by ブクログ

      感想:タイトルに惹かれ購入。文庫本で一気に引き込まれるように読んでしまった。
      大学在学中に休学して世界を旅した著者。書かれていることがものすごくリアルで、実際に旅をしてそこにいるかのような感覚になる。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001783408","price":"517"}]

    セーフモード