きっと彼女は神様なんかじゃない

著者:入間人間

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『人は水の中でも、空の向こうでも息苦しくて生きられない。大地を愛せ』 それが現在に至るまで受け継がれた部族の教え。だけどわたしは海を愛した。集落の嫌われ者なわたしは生け贄となって、海の底に沈む神の岩へ向かう。そこで出会ったのは、長い眠りから覚めたばかりの自称神様だった。「私はあなたと旅に出たい。ずっと遠くに行きたい。この世界で、生きていたい」 独りぼっちの少女と、無知な神様の少女の、ガール・ミーツ・ガール、ストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/11/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/06/30Posted by ブクログ

      居場所を持たない二人が出会い、その中でも生まれた繋がりで寄り添っていく話。ポストアポカリプス作品は大好きだが、終末世界の風景はあまり描かれず、歪に歪んだ種族や民族の話がメイン。 あまり琴線に触れる話で...

      続きを読む
    • 2017/09/21Posted by ブクログ

      海の中で見つけた神様。
      文明を捨てた代償が大き過ぎないか…。
      彼女たちの計画は成功したのかもしれないが、こんな結果で本当によかったのだろうか。

    開く

    セーフモード