そしてボクは外道マンになる 1巻

平松伸二

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1970年代、激動の「週刊少年ジャンプ」でデビューを果たした若き漫画家・平松伸二。やがて不動の人気連載作家へと成長するが、それは、想像を絶する厳しく険しい道のりであった…。岡山の片田舎で生まれた少年が漫画家を目指し、外道漫画家・「外道マン」に至る漫画家人生をドキュメンタリータッチで描く、著者入魂の一作!!

    続きを読む
    • そしてボクは外道マンになる 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      そしてボクは外道マンになる 全 4 巻

      2,560円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2017/10/19Posted by ブクログ

      キワモノ的表現も目立つ一方、作者の漫画力の高さで圧倒的に「読ませる」仕上がり。(大きなウソを埋めるためかもしれないが)細かなディテールには当時を思わせるリアリティと臨場感がある。

    • 2018/01/16Posted by ブクログ

      漫画家の自伝なのにドス黒い情念に包まれた異色な作品。過酷な状況のなかヤクザの出入りのように現れてくる編集者達と幾多の漫画家達の睡眠不足から生まれた作品には敬意するしかありません。

    • 2017/09/18Posted by ブクログ

      漫画家の自伝漫画に出てくる編集は本当ヤクザばかり。本宮先生の描写は爆笑したけど、やっぱちょっと似ていますw

    [{"item_id":"A001782671","price":"627"}]

    セーフモード