【最新刊】職業としての地下アイドル

職業としての地下アイドル

姫乃たま

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    AKB、ももクロ、Perfumeを夢見て増殖するテレビに出ないアイドル=地下アイドル。彼女たちを取り巻く経済や人間関係は、日本の社会問題の「縮図」である。現役地下アイドルでもある著者が赤裸々に明かす「身近な偶像」に群がるヒトとカネ。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/13
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    レビューコメント(15件)
    • 職業としての地下...
      2018/01/30

      ライブアイドルの現状を、アイドル側、お客側の両方から取材やさらには社会調査で明らかにしている。体験者のエッセーのようでいながら、実は多くの問題意識をベースにした客観的な社会学文化論研究であるといえるほ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 職業としての地下...
      2018/06/28

       現役「地下」アイドルが、自らの体験とアンケートに基づき、アイドルとファンたちのえがく諸相をあぶり出してくれる、現在の私にとって非常にタイムリーで、興味深い本だった。
       私は同じインディーズでも、どち...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 職業としての地下...
      2018/04/20

      地下アイドルとしても活躍する姫乃たまさんが色眼鏡で見られやすい地下アイドル界隈の実態を調査したお話です。アイドル戦国時代に突入して多くのアイドルが登場しては消えていく中で、地下アイドルに焦点を絞り、真...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード