血の轍 1巻

血の轍 1巻

無料

押見修造

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「惡の華」「ハピネス」「ぼくは麻理のなか」「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」など、傑作を次々と世に送り出してきた鬼才・押見修造氏が、ついに辿り着いたテーマ「毒親」! 母・静子からたっぷりの愛情を注がれ、平穏な日常を送る中学二年生の長部静一。しかし、ある夏の日、その穏やかな家庭は激変する。母・静子によって。狂瀾の奈落へと! 読む者の目を釘付けにせずにはおけない、渾身の最新作!!

続きを読む
  • この巻を通常価格で購入する

    660円(税込)
    6pt獲得
  • 血の轍 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    血の轍 全 7 巻

    4,290円(税込)
    42pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
10
5
1
4
5
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/26Posted by ブクログ

    パラパラ一瞬で読めるからストレスはないけど、今回は訴えてくるものが乏しそう。不気味な母がどうなっていくのかってことだけど、正直、ミステリ界隈では使い尽くされた題材じゃないか?読み続けるかはちょっと微妙...

    続きを読む
  • 2018/09/26Posted by ブクログ

    キャラクターの表情や、コマ割りの間の不穏さにドキドキしながら読んだ。
    台詞が少なく、読むのに時間はかからない、というか‘嫌な予感’が現実になるのを‘期待して’しまってページをめくる手が止まらない。
    ...

    続きを読む
  • 2018/09/03Posted by ブクログ

    母・静子、息子・静一
    そして影の薄い父親の存在

    愛情を息子にそそぐ静子に狂気の予感しかない1巻!

開く