切なすぎる婚約劇

キャシー・ウィリアムズ 翻訳:東みなみ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    幼い子供を守るためとはいえ、不釣り合いな私がフィアンセ役だなんて! 「どういうこと、レオ? 本気のはずがないわよね」サミーはレオが差し出した婚約指輪を見て、そうきいた。彼はプロポーズしているの? よく知りもしない、隣人の私に。レオは世界的企業を経営する億万長者。私は地味な小学校教師。いぶかるサミーに、レオは途方もない偽りの婚約話を持ちかけた。亡き弟の娘の親権を取るために、社会的信用が欲しいのだと。代わりに、彼女の病弱な母が抱える住宅ローンを全て支払うと。そして、本物の恋人には絶対になりえない、君が適任だと……。密かに憧れたこともある人の残酷な申し出に、サミーは震えた。 ■1996年の日本デビュー以来、ハーレクイン・イマージュとロマンスから作品を発表しつづけているている大御所キャシー・ウィリアムズ。ゴージャスで男らしいヒーローと、見かけは冴えないけれど、しっかり者で思わず応援したくなるヒロインのシンデレラ物語が人気です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード