【最新刊】数字で救う! 弱小国家 4 平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。

数字で救う! 弱小国家

4冊

著者:長田信織 イラスト:紅緒

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    紆余曲折の果てに、契を結んだソアラとナオキ。女王となったソアラは一児の母となり、そしてナオキは王配(女王の夫)としてソアラを助けつつ、宰相としての職務を日々こなしていた。なぜかちゃっかり宮廷女官長兼ナオキの愛人(女王陛下公認)におさまっているテレンティアが、しっかりナオキとの子を作っていたりするが、それはさておき、弱小国ファヴェールは平和であった。――そのはずだったのだが。ファヴェールが所属する国家同盟と、他の諸国連合の関係が悪化。史上最大規模の、『国家連合同士の大戦』が迫る。次なる世代に国の未来を繋ぐため、ソアラとナオキは、新たな戦いに臨む!!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/10
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    4.2
    12
    5
    3
    4
    9
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      前巻の引きから続編あるとしたら、ナオキとソアラの子供の代になってトゥーナがメインのお話になるのかなと思っていたら、違った。
      そうかあ、まだまだ二人は頑張るのね。
      と言うかですな、子供も出来てるし、しか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/07/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/07/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード