【最新刊】基本書を読む 宗教、神話、資本論

基本書を読む 宗教、神話、資本論

1冊

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宗教、神話、資本論。混迷の時代を照らす光は、基本書にある。 本書は週刊エコノミスト2017年5月2日・9日合併号で掲載された特集「基本書を読む」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・「知」の核としての古典 独善や付和雷同を一掃・【ゾロアスター教】一神教と善悪二元論の源流 救世主思想にも大きな影響・【旧約聖書】西アジアから西欧に通じる思想の底流・【道教】現世利益の中国人に浸透・【コーラン】断片的な神の命令の羅列 厳しい戒律と融通無碍な内容・【日本書紀】「鹿鳴館政策」が生んだ国書・【ギリシャ神話】イリアス 欧州文明の暁光誇る最古典・【資本論】資本主義の終焉を予測【執筆者】本村 凌二、青木 健、長谷川 修一、加藤 徹、飯塚 正人、出口 治明、藤村 シシン、的場 昭弘、エコノミスト編集部

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/01
    連載誌/レーベル
    週刊エコノミストebooks

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード