黎明の書 巻之壱 出会いと旅立ち

著:篠田真由美 イラスト:THORES柴本

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間の優に六倍は超す寿命と強靱かつ優美な肉体を持つ《貴種》に支配される西欧中世的世界。しかし彼ら《貴種》は、大陽の光を嫌い、人の血を好む吸血鬼と噂されていた。ある日、聖十字架教会の養い子で十四歳の少年ラウルは、森で《人狼》に襲われていた領主シェミハザ伯爵の嗣子イオアンと出会う。彼に惹かれていくラウルは、《貴種》を忌み嫌う司祭の不興を買い、教会を飛び出した。そして、イオアンの侍者となり、城で暮らすことになるが、そこでは…。少年たちの出会いは、平穏に見えた彼らの世界と運命を動かした。新たなる《吸血鬼》世界が、いまここに、始まる。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    9
    5
    2
    4
    3
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      やっと最終巻が発売になってシリーズ再読中。

      これから広がる世界への小さな一歩という感じ。
      幼いながら多様なことを知り、考え、模索するラウルと、美しい容姿を持ち絶対的な存在でありながら、心の成長や考え...

      続きを読む
    • 2015/11/14Posted by ブクログ

      篠田さん久々の吸血鬼モノ。前の作品は男女でパートナー的な関係だったけど、今回は同性で主従関係的…?とりあえず物語が始まったので追いかけていきたい。

    • 2015/04/23Posted by ブクログ

      ジャケに惹かれて図書館で借りた。読んだことない作家だしとりま2巻まで借りた。

      まぁ、最初だしこんなかんじなのかな?ヴァンパイアと人間の物語。ヴァンパイアの王子様と人間の少年が出会い、いろんな駆け引き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード