【最新刊】花咲舞が黙ってない

花咲舞が黙ってない

池井戸潤 著

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その日、東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまう。隠蔽工作、行内政治、妖怪重役……このままでは我が行はダメになる! 花咲舞の正義が自行の闇に切り込む痛快連作短篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/05
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/04/04Posted by ブクログ

      昔、あんなに好きだった小説家の新刊を手にして、「あれ?何でこの小説家が好きだったんだろう?」と感じたり。「この文体、あまり得意じゃないなあ」と思っていた小説家の新刊をひょんなことで手にして「あれ?好き...

      続きを読む
    • 2017/09/14Posted by ブクログ

      その日、東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けて...

      続きを読む
    • 2018/12/30Posted by ブクログ

      タイトル通り、東京第一銀行の『花咲 舞』が活躍する本作は、池井戸作品『不祥事』の続編。
      一応短編集の形ですが、通して長編としても楽しめます。

      その日、東京第一銀行に激震が走った。牧野頭取から発表さ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001779900","price":"814"}]

    セーフモード