【最新刊】ウエストウイング

ウエストウイング

津村記久子

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    設計事務所のOLネゴロ、絵が得意な小5のヒロシ、土壌解析会社の若手サラリーマンのフカボリ── 3人の人生が雑居ビルの物置場で交差する。人が誰かとつながり、影響を与えあっていくことのかけがえなさを、圧倒的なディテールで明るく描いた傑作長編小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/31
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      知らないのに、知っている。

      わたしが本書の帯を書くなら、こう書きたい。

      ああ、津村記久子だ!
      わたしの好きな作家だ!
      読了したとき真っ先に思ったことがこれでした
      正直なところを言えば、この作品が津...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      エブリシングフロウズのヒロシが小学生だった時をまた思い出したくての再読。

      話の筋はある程度覚えていましたが、細かな出来事はすっかり失念していました。
      あー、3人は最後に会ったんだったっけ、という感じ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      傑作『八番筋カウンシル』もそうでしたが、三者三様の日々を緩やかに、伸びやかに描いています。

      三人それぞれの日常に起こる出来事。それらを流れるように読ませながら、同時に鼓動の高まりを感じさせ、そしてあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード