湖畔荘 下

著:ケイト・モートン 訳:青木純子

1,934円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,434(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

70年前、コーンウォールの湖畔荘で消えた赤ん坊。見捨てられた屋敷の現在の持ち主は、ロンドンに住む高名な女流ミステリー作家アリス・エダヴェインだった。消えた赤ん坊の姉だ。当時、湖畔荘には三人の娘がいた。そして消えた赤ん坊は待望の男の子だったのだ。女性刑事は何としてもこの迷宮入りした事件の謎を解きたくなり、作家アリスに連絡を取る。一九一〇年代、三〇年代、二〇〇〇年代を行き来し、それぞれの時代の秘密を炙り出すモートンの見事な手法。複雑に絡み合う愛と悲しみがもたらすものは? そして、最後の最後で読者を驚かすのは、偶然か、必然か? モートン・ミステリーの傑作。

続きを読む
  • 湖畔荘 全 2 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    湖畔荘 全 2 冊

    3,868円(税込)
    38pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(59件)
  • 2017/10/21

    おもしろーい。もうすごく好み! カバーに「もしもあなたが複雑精緻なプロットや、家族の秘密といったテーマに惹かれる読者であれば、私のこの喜びに同感してくれるはずだ」という紹介文が載っているが、まさにその...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2018/11/08

    ケイト・モートンの魅力的な作品、4作目。
    女刑事が見つけた古いお屋敷には‥?
    70年前の事件が紐解かれます。

    ロンドン警視庁の刑事セイディは、担当事件でルールを逸脱して謹慎となり、コーンウォールの祖...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2019/01/27

    1933年、イギリス、コーンウォールの湖畔荘ローアンネスに暮らす家族に起こる事件を中心としたミステリー。
    過去と現在、過去の過去、1つの事象が多数の登場人物の視点によって見え方がかわり、その解釈によっ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード